ホーム施工事例解体工事のご紹介

解体工事のご紹介

倉庫解体工事のご紹介

解体工事のご紹介になります。

2階建ての倉庫を解体していきます。
屋根部から解体していきます。屋根部の解体が完了したら2階の壁、床を解体します。

手前2棟の倉庫は付近に線路と歩道がありましたが今回の建物は隣地に住宅があるため、今まで以上に慎重な解体が求められます。そのうえ、隣地との距離は足場をぎりぎり建てられたスペースのみなので解体した破片が隣地に絶対に落ちない様に解体していきます。

重機でモルタルの壁部分を解体していきます。解体後は分別、トラックに積載し搬出していきます。

上階の壁を2台体制で慎重に壊していきます。

重機の運転手同士で細かくコミュニケーションをとりながらはさむアタッチメントと砕くアタッチメントの重機で少しずつ解体していきます。

1台で支え、もう1台で解体です。水を掛けながら重機でかみ砕き、鉄筋を切断します。

倒せる大きさになってからゆっくり落としていきます。

解体ガラは現場である程度鉄筋を取り出し、その後ダンプで搬出を行います。

残り部分の解体と、鉄骨の解体、整地作業になります。

残りの壁も2台体制で解体していきます。

残りの鉄骨部も解体し、コンクリートガラの搬出をしていきます。車が行き来できるようにスラブは残して今回の解体工事は完了しました。

建物が解体されたので、敷地内に自由に出入りできる状況となりました。

そのため、侵入防止の柵を設置します。

その後、書類を各役所に提出し工事完了となります。

今回の解体工事は計約1000㎡の解体工事となりました。重機が計3台クレーン車1台産廃の車両搬出台数が40台以上総人工は100人越えという大規模な解体工事になりました。

近隣の皆様には工事にご理解とご協力をしていただき無事に作業を終えることができました。感謝申し上げます。弊社では解体工事、リフォーム工事など建設全般の工事を承っております。

一般住宅解体も行っています。

屋根から解体していきます。

屋根の解体が終わったら壁を一部残し、床を解体していきます。

土埃が舞わない様に放水しながら解体します。

柵を設置し、工事完了です。

お問い合わせ
㈱古川材木店 〒963-0201 福島県郡山市大槻町字三ッ坦8-35/ TEL 024-961-1101※営業のお電話は一切お断りしています。